So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

嵐NHKのドキュメント [嵐]

先週のNHKの番組、やっと見ました。

あちこちに、裸映像を入れてくれて、ありがとう、NHK。


相葉ちゃん、良い腹筋してるね。

翔君、ちょっと、お腹に肉が付いてるみたいに見えたけど、気のせい?

松潤、コンサート中より、普段の方がむっちりしてるように見えた。
でも、これは、良くあること。

お客さんの前で動いている時と、普段と、体のサイズって変わる。

稽古中はぴったりだった衣装のスカートが、本番の時だけ、回っちゃうほどゆるくなっちゃったりする。

緊張と筋肉の張りみたいなものが、本番は違うのだと思う。

Zero-G [嵐]

まだ、初回限定版のCDが手元に無いので、Zero-Gの定点カメラでのメイキングは見てないんですが、Mステは見ました。

三十路男子達、腰振ってますね(笑)

ダンスをやってる立場からすると、腰振り=エロいと言う感覚がマヒしている所がありまして、あんまりエロいとは感じないんですよね。

頑張って、腰振ってる!とは思うけど……


これも、斜めから見ると、松潤がよく動いているのは、股関節周りが柔らかいから。

逆に、翔君はカクカクしちゃってる。

ニノも筋肉少なめなので、なめらかに動く。

大野君は、いつものように控え目に。

相葉ちゃんは、少しみんなとは違って、どちらかの足に体重をかけ、ちょっと斜めに回してる所がありますね。


大野君の振りは、体を前傾して動く振りが多くて、繰り返しも多くて、他の振りをまんま使うこともしばしば。

そこら辺が振付家が作ったものとは明らかに違うんだけど、個性と言えば個性。

まだ、人に振り付けることを模索中な感じ。

これからどんな風な個性的な振りを作ってくれるか楽しみです。


潤君ダンス [嵐]

さて、最後に


潤君ダンスについて



体が柔らかくて、エロい



……


ははは。


私は好きです。


斜め見すると、


テレビの時より、コンサートの方が体から出るエネルギーが凄い。
多分、エネルギーの出し方をコントロールしてる。

大きな会場でも、一番後ろのお客さんにまで気持ちを送ってる。

もちろん、他もメンバーもやってるんだけど、潤君が一番分かりやすい。


体の柔らかさも、凄く若い時はぐにゃぐにゃしてたけど、ある程度年齢を重ねて来ると、筋肉で動きを制御出来るようになってる。


筋肉と言えば、彼の筋肉の付け方は素晴らしい。

自分がどのように見えたらファンが喜ぶか知ってる付け方。

ダンスを踊る為に筋肉を付けるのは良いことだけど、男性が筋肉を付けると太く、がっちりしてきちゃう。
ジャニーズとは対極にいる、有名な男性ボーカル&大人数ダンスグループのメンバー達みたいと言えば分かりやすいかな?

あれが、最近のダンスを踊るのには必要な筋肉の付け方。
がっちりした肩、力こぶが大きく盛りあがる二の腕、筋肉の見本になりそうな割れた腹筋、しっかりした太もも。

でも、潤君は鍛えているけど、そうなって無い。
むしろ、薄く細く長く、最低限のものが骨にくっついてる感じ。

それは、まるで、コンテンポラリーダンスのダンサーの様。

あのウエストの細さ。なるべく長く保ってほしい。


何かある度に、体を作り上げて、一番美しい状態を私達に見せてくれる彼の気持ち。

とてもありがたいです。



そして、エロさ。

あれは、股関節周りの筋肉の柔らかさがあるから表現出来るもの。
これも、日々の努力。

努力する人、大好きです。

翔君ダンス [嵐]

翔君のダンスです。


力強く、男っぽい



そして、斜め見の私の個人的な意見としては、



内転筋が弱め、膝が開きやすく、足の裏外側で立ってしまうので二直線で歩きがち。

体が全体的に堅いので、関節の可動範囲が狭い。(足を上げるとか、体を反らすとか、手を大きく回す振りなどが、他のメンバーより動きが小さくなりやすい)

堅い筋肉が体全体に付いているみたいなので、素早く動くとか、ロッキングの振りは力強くて良い感じ。


それから、ソロの場合は殆ど感じないんだけど、全員で踊る新曲や、コンサートでしか踊らない曲や、テレビでその番組一回のみ特別振付なんかの時は、足元がフラフラしてたり、背中の筋肉が抜けて顎が上がっちゃったり、膝が開いてしまう。

でも、普段は真面目で賢い優等生タイプの彼が、オス丸出しのエロい振りをすると、ギャップにクラクラしてしまいます。

ニノダンス [嵐]

引き続き、嵐ダンス。

今回はニノ。



ひらひらしてる。



んで、



相葉ちゃんと張るくらい、結構、間違う。

時間差の振りで、カウントを間違うこともしばしば。


でも、誤魔化すのが上手い。



ダンスは、つかみどころがなく、スルリとすり抜けて行く感じ。

大野君とそんなに体格が違う訳ではないけど、動きが大野君より小さい。


やっぱり、



ダンサー目線から見ると、


腹筋不足かな。


でも、体が柔らかいから動きも柔らかい。

筋肉が無いから体が柔らかいってのもあるかも。


とは言え、腰に負担が掛かるよね。腹筋無いと……。


腰が悪いという噂もあるし、腹筋付けた方が良い。



一つに腹筋割れてるとか、言ってる場合じゃない……。



相葉ちゃんのダンス [嵐]

昨日の続きです。

ネットで検索すると


『相葉ちゃんはダンスが下手なの?』


なんて言葉が引っかかって来ます。



ダンス斜め見の私の答えは



『下手じゃないです。動きが大きくて、華があります。よく振りを間違うけど……』


です。



でも、もし相葉ちゃんが、私と同じダンスを踊る仲間だったら、多分色々なことで、イライラさせられる人だと思います。


例えば……




振りを中々覚えない。


舞台の段取りを間違う。


気持ちが盛り上がっちゃうと、やることを間違う。


本人の自覚無しで(自覚があるなら許せる)微妙にカウントを遅らせて動き、カウント通りにやってる人より目立ってしまう。



まあ、長い付き合いで、本人のことが良く分かっていれば、すべてのことは許せるけど。

相葉ちゃんのテレビで見ている範囲の性格が、素である時も一緒なら


尚更、許せる。



相葉ちゃんはとにかく手足が長くスタイルが良いので、立ってるだけで絵になる。

それにも増して、存在に華があるので、本当にキラキラしてる。

いつでも一生懸命だし、コンサートでも直ぐに汗だくになるくらい、バリバリ踊ってくれる。

自分の魅力を分かってるのか分かって無いのか分からないけど、手足をぶんぶん振りまわし、自分の大きさ以上の動きを見せてくれる。


スーパーアイドル相葉ちゃん。

ぴったりの言葉です。





またまた、嵐ダンス [嵐]

好きなんで仕方がない。

また、嵐のダンスについて。


ネットでざっくり調べると、嵐のダンスについて、色々書かれてたり、質問箱に質問があったりして、それを読むのはとても興味深い。

例えば、

『大野君はダンスが上手なの?』


このブログの題名にあるように、斜めから見ても……



上手です♪


ソロのダンスは相当練習してないとあの様には踊れないと思う。

重力を感じない。

どんだけ筋力があるんだ?

全員で踊る時は、あえて(多分……)一人が目立たないようなさらっとした動き。

ところが、やるべきところはきっちり押さえてて、決める所はきちんと決める。



群舞の基本です。


それから、高さを揃えてるのか、プリエ(膝を曲げて、腰を沈める動き)が浅い。

彼は背が5人の中では高くないし、背の高い3人と同じだけプリエをしてしまうと、ガクンとそこだけ(ニノもプリエが浅め)低くなってしまって、見栄えが良くないと思ってるのかな?

凄く有名なアメリカの私の大好きな舞踊団の、世界一私の好きなダンサーも背が低くて、後ろで踊る時はプリエが浅めだったな。


人の目と言うのは、ぱっと見、揃ってると思うポイントが、


高さ

移動距離

立ち位置の均等さ

音の取り方


などなので、嵐の踊りはぱっと見揃って見えるので、そこら辺も考慮に入れてるのかもしれない。



日々努力して、見てくれる人達を楽しませようと言う嵐の姿勢、大好きです。


他の人は次回。






ダンスを見る目 [嵐]

今の世の中、ダンスはそこらじゅうにあふれてます。

それらを、ちょっと違った方向から面白く見る方法を紹介します。


一番最初の記事なので、認知度の高い人を例にします。


『嵐』


素敵です。全員30代になったけど、まだまだバリバリ踊って欲しいです。


んで、ダンスの件ですが、ざっくりした感想では、


『膝が閉じてる』

……

何のことやら、ですよね。


振りによっては、翔君の膝が開いていることもあるのですが(疲れている時とか、慣れて無い振りの時とか)、全体的には閉まってます。
なので、歩いて前に出てくる時や、移動もシャープでスタイリッシュなんです。

男の人は、普通に歩いている時も足の間が開いている人が多いので(女の人で開いてる人もいますが……)
その差は大きい訳です。

他のダンスも、そんな風に眺めると楽しいです。







この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。