So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

作品作り [舞台]

私の場合は、会の作品が出来上がった段階で次の作品の構想を練り始める。

振付を作ると言っても、やることは沢山ある。


私の場合は、

1・音決め

2・音のカウンター取り(何拍子で、何フレーズどんなものがあり、何分何秒でどんな音が来るか、ノートにとって音の分析をすること)

3・振り作り

4・群舞の場合は、構成を作る



と、ここまでが純粋に作品を一つ仕上げるまでの作業。


作った作品を舞台に乗せる場合は、ここから更に作業が続く。


5・衣装作り

6・照明プランを考える(どこで、どんな風な明かりが欲しいか紙に書いたり、踊っている所を照明さん、舞台監督さんに見せながら説明する)


更に、自分主宰で会を開くとなると、まだまだ続く。


7・チラシ、チケット、プログラムの原稿を考え、印刷してもらう。

8・会館の人と、どんな会か、前日の舞台稽古は何時からか、スモークマシーンは使うか、使う場合はいつ、消防署に許可をもらいに行くか、当日の舞台稽古は何時か、何時開演か、終演予定時間は何時か、リノリュームは張るのか、誰が張るのか、手伝いはいるか、などなど、会場を借りる場合に必要なことを細かく話し合う。

9・前日、当日のスタッフのお弁当の手配をする。

10・スタッフとの最後の打ち合わせ

そして、本番。


晴れて、自分の作品が沢山の人の前に出せることになる。


ざっくり書いてあるけど、現実はもっと色々大変で、細かい作業の連続です。



それでも、好きだから、何回でも飛び込んでしまう世界です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。