So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

バレエとストリートダンス [稽古]

バレエとストリートダンス。

誰が見ても違いは明らかですが、どっちも音楽に合わせて踊るダンスには違いない。


自分で両方やってみて、一番違うと感じたのは


姿勢。


バレエは腰から上をまっすぐ立てるのに対し、ストリートダンスは軽く背中を曲げて前屈み。


この差は大きい。


バレエの方を先に習ったので、ストリートダンスの様な姿勢で腰が痛くならないかと心配になる。

もちろん、バレエをちゃんとやってても腰をうっかり悪くすることはあるけど、終始背中を曲げてて踊って、腰に来ない方法があるなら知りたい。


最近は、学校でもダンスが必修になってて、NHKでも講座があって、それらすべてがストリートダンスなんだけども、最低限の体の使い方とか、ちゃんと教えてるのかな~?

足の着き方とか

腰の立て方とか

腕の動かし方とか

どうしたら足が上がるようになるかとか

腕の可動範囲を広げるにはどんな稽古をすればいいのかとか

体を後ろに沢山反るようにするにはどうしたらいいのかとか

……

まあまあ、言いだしたらキリがないけど、何年かは学校でダンスに関わるのだから、目先のステップばかりの練習ではなく、生徒たちが未来で、


『ああ、あん時ダンスやってて良かった~。じゃなかったら、この身体の不調に気付けなかったよ』


なんて、思ってくれたら嬉しい。

限られた授業の中でやるなんて、無理だろうけど。


ダンスが必修になった理由は、仲間とのコミュニケーションで(作品を作ると言うことなんだろうね)自分の思い通りに動く体をつくる訳じゃ無いらしいから、やっぱり、目先のステップの勉強で良いのか。


ダンスに関わる者としてはいささか、寂しい。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。